出世作となった「赤い波止場」(1958)

演技をしたこともない少女が、突如として銀幕の世界に入ったわけですから、最初から役者の覚悟など持てるはずもありませんでした。北海道の田舎にいる母は、もって半年だろうと思っていたそうです。元来、口下手で引っ込み思案な性格でしたので、私自身も不安でいっぱいでした。しかし、地元では日活からデビューしたという話題で持ち切りでしたし、新聞にもずいぶん取り上げられていましたから、最低でも3年は頑張ると決めていました。結果を出せずに帰ったとしたら、恥ずかしいですし、家族にも迷惑をかけると思ったからです。

ところで、当時の日活は飛ぶ鳥を落とす勢いでしたが、その中心にいたのは他ならぬ石原裕次郎さんです。その日活の看板スターと本格的に共演した映画のひとつに、「赤い波止場」がありました。デビューした翌年の駆け出しの頃で、まだ清水マリ子という名前で出ていました。裕次郎さんをはじめ、日活の錚々たるメンバーがそろって出演していたことから、神戸市のロケ現場には街中の人々が大勢押しかけていました。実際、撮影現場は混乱することしきりで、時には警察の押さえも効かず、撮影が何度も中断したのを覚えています。

それまで「月下の若武者」の他、いくつかの作品に出演してきましたが、ただ与えられる衣装を身にまとい、一生懸命に覚えてきたセリフを言うことだけで精一杯でした。映画をどのように作り上げていくのか、その中で自分がどのように演じていけばよいのかなど、作品全体を客観的に捉えるまでの余裕などなかったものです。でも、この「赤い波止場」への出演は、演じることの意味や価値を改めて考えるきっかけになりました。それは撮影現場で、石原裕次郎さんからほとばしる情熱を直に感じたときに、役者としての覚悟とはどういうものなのかを、まざまざと思い知らされたからです。

裕次郎さんは、ただならぬオーラを纏っていました。常に真剣勝負で、緊張感があり、もの凄く迫力のある演技をしていました。また、現場に一緒にいると怖いくらいの気迫があり、周囲を圧倒しているのがわかりました。実際、初めは怖い方なのかと思ったくらいです。本人は、日活を背負うくらいの覚悟で、常に演技に臨まれていたのだと思います。その一方で、役者仲間から慕われて、スタッフからの信頼も厚い方でした。そんな大スターとの本格的な共演によって、大いに刺激を受けたことで、役者としての自覚も芽生え、自分自身が成長できたのだと思います。ですからこの作品は、私にとって忘れられないものになりました。また、この映画の出演をきっかけに、多くの作品に出演することになりました。「赤い波止場」は、まさに出世作だったのです。

ちなみに当時、裕次郎さんは私のことを「チビマリ」と呼んでいました。先輩に白木マリさんがいらっしゃったからです。この作品の後、まもなく「まゆみ」に改名されました。

次回も、日活時代のエピソードについてお話しします。

Copyright © 2021 - 2022 Smart Office One. All rights reserved. 無断転載厳禁